スポーツ予想ヒント

【プレミアリーグ】マンチェスターシティvsアーセナルの予想オッズと考察

マンチェスターシティvsアーセナルのブックメーカーのオッズ

イングランドプレミアリーグ第28節マンチェスター・シティvsアーセナルの試合が日本時間6月18日(木)AM4:15〜に行われます。新型コロナ拡大による中断から約3ヶ月ぶりの、無観客試合による開催です。

ついに待ち望んだプレミアリーグの再開でワクワクしているファンも多いのではないでしょうか。同日am2:00からはアストン・ヴィラ対シェフィールド・ユナイテッドが行われますが、注目度はこちらの試合の方が断然上。そこで、このビッグマッチを詳しくチェックします。

現状の順位はこちら。

プレミアリーグ順位表(2020年6月16日)

プレミアリーグ順位表(2020年6月16日時点)

マンチェスター・シティ

今回ホームで迎え撃つマンチェスター・シティは現在リーグ2位につけています。勝ち点は57。トップを独走するリヴァプールに対し、1試合少ないとはいえ25点差をつけられており、優勝はもはや不可能と言えます。3位レスターが53点、4位チェルシーが48点で、チームとしてはこのままCL出場権を維持したいところ。中断明けの初試合で、確実に勝ち点を積み上げていきたい。

マンチェスター・シティの注目選手はやはりセルヒオ・アグエロでしょう。言わずと知れたストライカーの彼は今シーズン16得点とリーグ3位の数字を残しています。優れた瞬発力によるスペースへの飛び出しはアーセナルにとって大きな脅威。昨年2月の対戦ではハットトリックを達成、彼のゴールのみで3-1でアーセナルを粉砕しました。コロナ明けといえど、高パフォーマンスに期待がかかります。

そして、ジェズス、スターリング、デ・ブルイネら、アグエロ以外にも個々が強力。特に、今シーズン8ゴール、うち2ゴールは去年のアーセナル戦、そしてアシストランキングは1位で16アシストを記録しているデ・ブルイネは中盤の要。この試合の鍵を握ります。

アーセナル

対するアーセナルは現在リーグ9位。開幕2節時点の2位が最高位で、それから不振が続いてズルズルと順位を落とし、2018年から指揮していたエメリ監督を1年で解任。代わりに、アシスタントコーチを務めていたチームOBのミケル・アルテタが2019年12月から就任しました。EL出場権が得られる5位のマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差は5点。残り試合数を考えると、EL、CL争いに食い込むためにはこれ以上は落とせません。

すでに完治していますが、アルテタはプレミアリーグで最初にコロナウイルスに感染した監督です。この再開には特別な想いがあるでしょう。

そんなアーセナルの前線の注目選手はピエール=エメリク・オーバメヤン。今季は17得点で、得点ランキングは2位。1位のヴァーディーに2点差、3位アグエロには1差です。彼の特徴はなんと言ってもそのスピード。DFを寄せ付けないトップスピードはリーグ随一。そんな彼のゴールには大きな期待が寄せられていますが、アーセナルに加入してから3年間、シティ相手にはまだゴールを決めたことがありません。初得点なるか注目です。

シティvsアーセナルの過去の対戦

シティvsアーセナルの過去対戦成績

マン・シティvsアーセナルの直近対戦成績

この試合で気になるスタッツは、両者の直接対戦ではマンチェスター・シティが6連勝中だということ。ホーム2勝アウェイ4勝。さらに6試合中4試合でアーセナルは無得点、クリーンシートで負けています。

加えて、アーセナルは今季の28試合中ドローが13回と、勝ち切れない試合が多い。

この連勝記録がホームアドバンテージに頼っていないことや、勝負強さの面から、今回の試合もシティが試合を支配すると考えられます。

ブックメーカーのオッズ

さて、オッズをみてみましょう。

マンチェスターシティvsアーセナルの3wayオッズ

スポーツベットアイオーの勝敗予想オッズは、マンチェスター・シティが1.36倍、ドローが5.6倍、アーセナルが8.20倍と大きくかたよっています。(6月16日時点)

この試合の賭けは、マンチェスター・シティが順当に勝利すると考えて勝敗予想オッズをおさえるのが手堅そうです。無観客でいつもと状況が異なるとはいえ、チームのパフォーマンスを考えるとここでシティが落とすとは考えにくい。試合開始からしばらくを静観し、もしアーセナルが序盤のペースを握っていたら、多少はシティのオッズが上がります。そこで押さえても良いかもしれません。(ただ、いきなりシティがゴールを決めてさらにオッズが下がる可能性もあり)

シティvsガナーズのオーバーアンダーオッズ

ゴール数のオーバーアンダーオッズでも、オーバー3が1.57倍と、スコアが動く展開とみなされていることが伺えます。このオーバー3も悪くない。

シティvsアーセナルのコーナーキック予想オッズ

あとは、両チームに優れたストライカーがおり、特にシティ側の攻勢によりコーナーキックの本数が伸びることも予想されます。シティの今シーズンの平均コーナー本数は8本、アーセナルは6本。この総数が直接的に予想参考材料になるわけではありませんが、少し強気に12本以上で的中のオーバー11.5@1.98倍も選択肢としてはおもしろそうです。

試合は日本時間6月18日(木)AM4:15キックオフ。久しぶりのプレミアリーグを賭けて楽しみましょう!!

-スポーツ予想ヒント

© 2021 スポーツベットアイオー実践日本語ガイド|ベットマニュアル