スポーツ予想ヒント

因縁の対決?ヴォルフフスブルク対ドルトムントの勝敗予想オッズと考察

ブンデスリーガ「ヴォルフスブルク対ドルトムント」予想オッズ

今週末の5月23日、日本時間22時30分にヴォルフフスブルク対ドルトムント戦が行われます。

この対戦、過去の戦績を振り返るとリーグ9試合はドルトムントが無敗継続中(直近3連勝、8勝1分)で、ヴォルフスブルクにとっては天敵。今回もドルトムントが勝つだろうと予想できますが、果たして本当にそうなるのか?データから勝敗を予想してみましょう。

ドルトムントとヴォルフスブルクの過去対戦成績

ヴォルフスブルクとドルトムントの直近の対戦成績

今回の試合はアウェイとは言え、ドルトムントに嫌が応にも期待がかかります。

首位バイエルンの勝ち点が58、ドルトムントは54で2位。残り8試合で優勝も十分に可能性があります。直近5戦の戦績は4勝1敗。前節のシャルケとのダービーでは4-0で快勝をしており、コロナによる中断の影響も感じさせません。リーグ再開後の初弾を飾った"怪物"ハーランドは年始の加入からすでに10ゴール。まだまだ勢いは止まりそうにない。2ゴールのラファエル・ゲレイロや1ゴール1アシストのトルガン・アザールも存在感を放ちました。

ヴォルフフスブルクもコロナ明けの初戦は勝利。試合終了間際にダニエル・ギンチェクのゴールでアウグスブルクを2-1で下しました。リーグ中断の直前、3月はヨーロッパリーグの試合を含めて1敗2分け(ウニオン・ベルリン、ライプツィヒとドロー、ELでシャフタールに1-2で敗戦)とややパフォーマンスが下降気味だったため、この勝利を機会に復調してくる可能性もあります。

この試合の注目ポイントは、冒頭でも触れた過去戦績を踏襲するか否か!?という点でしょう。8勝1分けでドルトムントは対ヴォルフフスブルクにおいては無敗を維持しています。ホームもアウェイも勝利しているところを見ると、戦術的な何らかの要因が考えられます。また、これだけの連勝連敗が続くとメンタル面でドルトムントは追い風に、ヴォルフスブルクは苦手意識が芽生えているでしょうし、今回もこのループが続く可能性も十分にありえます。

この過去データより何より、ドルトムントの状態が良い。

ブンデスリーガの賭け、勝敗予想オッズ

スポーツベットアイオーの1x2オッズを確認してみると、試合前日時点でホームのヴォルフスブルク勝利が4.5倍、ドルトムント勝利は1.73倍。

過去の結果にならってドルトムントが今回も勝つと考えるならこの1.73倍を、一方でもしもヴォルフスブルクが善戦すると考えるなら、この勝敗予想オッズではなくダブルチャンスも狙い目かもしれない。

ヴォルフスブルクvsドルトムントのダブルチャンスオッズ

ヴォルフスブルクまたはドロー」で2.02倍あります。

スコアに関しては、両チームのこれまでの平均得点数は1.4と2.8。このデータに基づくと、どちらのチームも試合中に必ず一点は得点しているということになります。ところが、冒頭の直接対戦結果をご覧いただくとわかる通り、ドルトムントはヴォルフスブルクに6試合連続でクリーンシート(無失点)中。それ以前も3試合は1点しか取られていません。

このデータもドルトムントの優位を裏付けるのに十分。

ただし、ドルトムントの今シーズンのホーム/アウェイの平均失点はホーム0.77と非常に固いのに対し、アウェイは1.77と差があります。(バイエルン、レヴァークーゼンに4失点、ウニオン・ベルリンとアウグスブルクに3失点などが大きい)

ヴォルフススブルクは、ドルトムント相手に6試合ノーゴール

ドルトムントはアウェイの失点が1.77

いずれも過去の数字で今回の試合に影響を及ぼすわけではありませんが、このどちらかを踏まえてヴォルフスブルクがゴールを決めるかどうかというアプローチでの予想もおもしろいと思います。

ヴォルフスブルクのゴール数の賭け

ヴォルフスブルクの正確なゴール数予想で、ゼロは2.8倍、1点は2.45倍。2点は4.2倍。ピンポイントで1点に賭けるか、あるいはゼロと1、1と2の両方に同額を賭けてもいずれかが当たればプラスです。

ドルトムントの前評判通りの勝利か、あるいはヴォルフスブルクは7試合ぶりの得点か。様々な要素を調べながら予想を立てることがスポーツベッティングのおもしろさ。キックオフまでにデータをチェックしつつ予想して賭け、試合観戦を楽しみましょう!

ドイツ・ブンデスリーガ2019-20
第27節
ヴォルフスブルク対ボルシア・ドルトムント
日本時間:2020年5月23日22:30開始

-スポーツ予想ヒント

© 2021 スポーツベットアイオー実践日本語ガイド|ベットマニュアル